現在位置: ホームの中の施設紹介

施設紹介

東海大学スポーツ医科学研究所は、東海大学湘南校舎15号内に様々な施設を備えています。

低圧室

東海大学スポーツ医科学研究所の低圧室では、気圧(760~460mmHg:高度0~4,000m相当)、温度(-10~40℃)、湿度(30~90%)の各条件を調整することができ、高度や気候をシミュレートした研究やトレーニングに活用されています。


共同実験室・運動生理関係実験室

共同実験室は、広いスペースを要する運動生理学やバイオメカニクス領域の実験や測定を実施する際に使用されています。また、運動生理関係実験室には、スポーツ選手の疲労回復やコンディション維持に効果がある「高気圧チャンバー」を備えています。



診察室

診察室は、スポーツ選手がけがをした際に、スポーツドクターによる診察を受けることができる施設です。


リハビリテーション室

リハビリテーション室は、スポーツ選手が練習復帰に向けてのリハビリテーションを行う際に使用される施設です。

各種物療機器以外に、気泡で患部を刺激し温熱とマッサージ効果のある「過流浴装置」、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだ「炭酸泉装置」なども備えています。



トレーニングセンター

トレーニングセンターは、東海大学湘南校舎15号館地下1階に位置する、日本最大規模(1,050㎡)の面積を持つスポーツ選手専用のトレーニング施設です。


このページの先頭へ


Loading