現在位置: ホームの中の活動紹介

活動紹介

スポーツ医科学研究所がサポートする5つの部門についてご紹介します。

東海大学スポーツサポートシステムの構成

※画像をクリックすると大きくして閲覧することが出来ます。
»  東海大学スポーツ教育センターオフィシャルサイト

5つの部門について

各部門の活動

トレーニング部門

学内の体育会クラブの学生に対して、各スポーツの競技特性や試合日程等に応じたトレーニングプログラムの作成と実技指導を行っています。現在、学内の20団体(約1,000名)がサポートを受けています。
» 統括担当教員紹介


  • トレーニング部門サポート風景1
  • トレーニング部門サポート風景2
  • トレーニング部門サポート風景3
  • トレーニング部門サポート風景4

科学的サポート部門

学内スポーツ選手の競技力向上を目的に、主として高地トレーニングシステムおよび走者応答型トレーニングシステムを用いてさまざまな科学的測定を実施し、選手や指導者へのフィードバックを行っています。測定データは、データベース化して管理され、必要に応じて研究活動にも活用されます。

» 統括担当教員紹介


  • 科学的サポート部門サポート風景1
  • 科学的サポート部門サポート風景2
  • 科学的サポート部門サポート風景3
  • 科学的サポート部門サポート風景5

 

メディカル部門

学内のスポーツ選手を対象として、スポーツ外傷・障害に対する診断および医事相談を行いながら、大学病院を始めとする周辺の医療機関と連携して傷害の管理、アスレティックリハビリテーションおよび傷害対策に関する活動を行っています。


  • メディカル部門サポート風景1
  • メディカル部門サポート風景2
  • メディカル部門サポート風景3
  • メディカル部門サポート風景4
  • メディカル部門サポート風景5

メンタルトレーニング部門


スポーツ選手のメンタル面強化を目的として、メンタルトレーニングの指導や心理的サポートを行っています。特に、やる気を高める目標設定、試合で実力を発揮させるセルフコントロール、実力向上や発揮のイメージトレーニング、ここ一番での集中力発揮、気持ちの切り替えや強気を作るプラス思考、自信を高めるセルフトーク、試合に対する心理的準備などの心理的スキルを指導・サポートします。


具体的には次のようなことを目指します。

  1. 練習の質を高めて上達を促す
  2. 試合での実力発揮
  3. 人間関係を良くする

コミュニケーションスキルやチームワークを高めるトレーニングも含めて人間的成長を手伝うことが主な目的です。

栄養サポート部門


スポーツ選手の競技力向上のためには、スポーツの特性や目的に応じた食事法を実践することが重要です。栄養サポート部門では、学外のスポーツ栄養学研究会の協力を得て、各クラブの合宿所の食事調査や献立指導、食事方法の個別アドバイスやカウンセリング、スポーツ選手の食事に関する情報提供、正しい食事法に関する講習会などを定期的に実施しています。

» 詳しい紹介

このページの先頭へ


Loading