現在位置: ホームの中のセミナー・講習会情報の中の【3/4(土)】第1 回フィジカルトレーニングセミナー

【3/4(土)】第1 回フィジカルトレーニングセミナー

東海大学スポーツ教育センター・スポーツ医科学研究所共催
第1 回フィジカルトレーニングセミナー開催要項
「コリジョンスポーツにおけるフィジカル強化戦略」

概要

2015 年ラグビーワールドカップでの歓喜から早2 年、あらゆる球技スポーツ競技において言われる「日本人はフィジカルが弱い」という定説を覆すべく、コリジョンスポーツの競技現場でフィジカル強化に携わるトレーニング指導者を招聘し、指導哲学や指導内容について学ぶことができるセミナーです。

募集要項

日程 2017 年3 月4 日(土) 12:30~17:00
※受付開始:12:00
会場 東海大学湘南校舎15 号館
4 階第1 会議室/地下1 階トレーニングセンター
主催 東海大学スポーツ教育センター
東海大学スポーツ医科学研究所
受講料 3,000 円
※受付時に現金にてお支払いください。
定員 60 名
※JATI 継続単位 1.5 単位付与
締切 2017 年3 月3 日(木)17:00 まで
服装 運動のできる服装、室内用シューズをご持参ください。
その他 当イベント開催中に、撮影した写真・動画等を本学研究所のホームページ等に公開する場合があります。また、報道機関等本研究所が許可した者が撮影した写真・動画等が新聞や雑誌・ホームページ等で公開されたり、各種コンテンツとして利用される場合があります。
あらかじめご了承ください。

スケジュール

講義時間:4 時間(講義2 時間、実技2 時間)

12:00
受付開始
12:30
開会の辞
12:40
シンポジウム「私のコーチングフィロソフィー」
池田道生・猪俣弘史・佐名木宗貴・原将浩
13:40
パネルディスカッション(座長:有賀誠司)
14:50
休憩・更衣・移動
15:10
  • 実技「コリジョンスポーツにおけるフィジカル強化戦略」
  • 佐名木宗貴「ラグビーのポジション別トレーニング(プロップ編)」
  • 猪俣弘史「高重量トレーニングにおける補助の方法とそのバリエーション」
※2016 年にリニューアルした本学トレーニング施設の見学会も行います。
17:10
閉会の辞

講師

池田道生(キヤノンラグビー部S&Cコーチ)
立教大学経済学部卒業。(株)日立製作所、セントラルスポーツ(株)契約社員を経て、2001 年より本学スポーツサポートシステムトレーニング部門の学外サポ
ートスタッフ(男子柔道部ほか担当)として活動。2004 年より秋田県競技力向
上対策局トレーニングアドバイザー、2008 年より龍谷大学S&C コーチ。2013
年より現職。

猪俣弘史(流通経済大学ラグビー部S&Cコーチ)
国士舘大学体育学部卒業。2002 年より本学スポーツサポートシステムトレーニング部門の学外サポートスタッフ(アメリカンフットボール部担当)として活動。2003 年よりラグビートップリーグ所属リコーブラックラムズS&C コーチ。その他、高齢者対象フィットネス講座(120 回/年間)やパーソナルトレーナーとしても活動。2016 年JATI 優秀トレーニング指導者表彰受賞。2010 年より現職。

佐名木宗貴(トヨタ自動車ラグビー部S&Cコーチ)
東海大学体育学部卒業。本学スポーツサポートシステムトレーニング部門の学生サポートスタッフを経て、埼玉工業大学深谷高校(現:正智深谷高校)、埼玉工業大学にて高校・大学ラグビー部のストレングスコーチとして活動。多くの日本代表トップリーガーを輩出。2009 年より関西大学S&C コーチ。アメリカンフットボール部の61 年ぶりの甲子園ボウル優勝に貢献。2013 年より現職。

原将浩(東海大学ラグビー部ストレングスコーチ)
国際武道大学卒業。神奈川県パワーリフティング協会常任理事。2000 年より本学スポーツサポートシステムトレーニング部門の学外サポートスタッフとして活動。秦野市にパーソナルジム(トレーニングジム・ゼロイン)を経営する。自身はパワーリフターとして、2006 年全日本パワーリフティング選手権大会優勝の実績を持つ。個人ベストはスクワット340kg、ベンチプレス260kg、デッドリフト280kg。2003 年より現職。

このページの先頭へ


セミナーのお申込みお問い合わせ

メールにて申込を受け付けております。
件名を「◯◯◯申込」(◯の中は各講習名)として、本文に以下を記載してご連絡ください。

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 所属先
  3. 電話番号
送信先メールアドレス
info-sms◆ml.tokai-u.jp
(◆ を「@」に置き換えてください)
宛先担当:
東海大学スポーツ医科学研究所 
小山 宛