総合大学の特徴を活かした、スポーツの技術力向上と健康・体力増進の研究を行っている研究所施設です。


現在位置: ホーム » セミナー・講習会情報 » 第4回フィジカルトレーニングセミナー 開催要項

東海大学スポーツ教育センター・スポーツ医科学研究所 共催
第4回フィジカルトレーニングセミナー 開催要項

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた
日本代表候補選手への体力強化サポート

いよいよ東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催年となりました。
メダルの獲得に向け、多くの競技では、これまでに長期的かつ戦略的な体力強化に取り組んできています。
本セミナーでは、日本のスポーツ医科学サポートの拠点である国立スポーツ科学センターにて、長年にわたって体力強化の統括と現場でのサポートを担当されてきた2名の指導者をお招きし、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた体力強化サポートについてお話いただくとともに、実際のトレーニングや実技指導の一端をご紹介いただきます。

概要

【日時】 
2020年3月7日(土) 13:00〜17:00(受付開始時間12:30)
【会場】 
東海大学湘南校舎15号館
4階第1会議室/地下1階トレーニングセンター
【主催】
東海大学スポーツ教育センター、東海大学スポーツ医科学研究所
【参加費】 
3,000円(受付時に現金で徴収いたします)
【定員】
60名 (JATI継続単位1.75単位付与※予定)
【締め切り】
2020年2月28日(金)17:00まで
 
【服装】
運動のできる服装、室内用シューズをご持参ください。

スケジュール

12:30 受付開始

12:55 開会の辞

13:00~14:00

<第1部> シンポジウム「2020オリンピック・パラリンピックに向けた体力強化サポート」

  • 講演1:「東京オリンピックに向けた強化を図るうえで留意している事〜競泳の事例を中心に〜」
    田村 尚之 氏(国立スポーツ科学センター メディカルセンターコンディショニング課 主幹)
  • 講演2:「セーリング競技における体力強化サポート事例」
    齋藤 隆行 氏(国立スポーツ科学センター メディカルセンターコンディショニング課 トレーニング指導員)

14:00~14:30 休憩・移動・更衣

14:30~17:00
<第2部> 実技「日本代表候補選手のトレーニング事例と指導ポイント」

  • 実技1:田村 尚之 氏「競泳日本代表候補選手のウォーミングアップの事例と指導ポイント」
  • 実技2:齋藤 隆行 氏「セーリング競技におけるトレーニング事例」

講師

田村 尚之(たむら なおゆき)氏
国立スポーツ科学センター メディカルセンター コンディショニング課 主幹

1965年生まれ。1989年東海大学工学部卒業。会社員を経て、スポーツクラブのインストラクターとなる。
1997年 オンワード・スカイラークス(アメリカンフットボール)ヘッドS&Cコーチを務め、国立スポーツ科学センター(JISS)研究員に就任。競泳やシンクロナイズドスイミングなど多数の日本代表レベルのアスリートのトレーニング指導を担当する。特に競泳界ではそれまでほぼ行われていなかったウエイトトレーニングを導入し、北島康介選手の2大会連続金メダル獲得をはじめ、中村 礼子選手、寺川綾選手など多くの指導選手がオリンピックや世界大会でメダルを獲得。
2016年リオデジャネイロオリンピックでも、萩野公介選手、金藤理恵選手、瀬戸大也選手、星奈津美選手などのサポートにあたり、多数の入賞・メダル獲得を果たすなど、日本の競泳界の国際競技力向上に貢献。
2005年に秩父宮記念スポーツ医・科学奨励賞をチーム北島の一員として受賞。

齋藤 隆行(さいとう たかゆき)氏
国立スポーツ科学センター メディカルセンター コンディショニング課 トレーニング指導員

1974年生まれ。栃木県出身。
大学卒業後、スポーツクラブ勤務を経て、専門学校勤務(神奈川衛生学園)、スポーツクラブでのパーソナルトレナー(S&C)勤務を経て、関東学院大学ラグビー部アスレティックトレーナー兼S&Cコーチに。その後、セコムラグビー部ヘッドアスレティックトレーナー、サントリーフーズヘッドアスレティックトレーナー、キャノンラグビー部S&Cコーチ、国立スポーツ科学センタートレーニング体育館非常勤指導員、宇都宮ブリッツェン(自転車ロードチーム)、成城大学ラグビー部、成城学園高校ラグビー部等のS&Cコーチ及びアスレティックトレーナーを歴任。
現在は、国立スポーツ科学センターメディカルセンターコンディショニング課トレーニング指導員として、オリンピックアスリートに対するトレーニング指導を担当(担当種目:セーリング、自転車、サッカー、ラグビー、フリースタイルスキー)。セーリング競技では、女子470級(吉田、吉岡ペア)世界選手権で2018年優勝、2019年準優勝(東京オリンピック内定)の成績を獲得。

申し込み 

事前のお申込みが必要です。
下記URLよりか、QRコードよりお申し込みください。

http://www.tokai-sports.com/form/20191128

その他

当イベント開催中に、撮影した写真・動画等を本学研究所のホームページ等に公開する場合があります。
また、報道機関等本研究所が許可した方が撮影した写真・動画等が新聞や雑誌・ホームページ等で公開されたり、各種コンテンツとして利用されたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

アクセスマップ

小田急線「東海大学前」駅下車徒歩15分。または、JR東海道線「平塚」駅下車「東海大学行き」または「秦野駅行き」バス(約30分)で「東海大学正門前」下車徒歩5分

構内マップ画像:15号館が会場です。

問い合わせ先

東海大学スポーツ医科学研究所(担当:小山)

  • 電話:0463-58-1211 (内線2934)
  • NewsLetter
  • 2013年度版PDF「システムパンフレット」
  • 東海大学スポーツ医科学誌

東海大学スポーツ医科学研究所

〒259-1292
神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学湘南校舎15号館8階

TEL:(東海大学代表)
0463-58-1211
FAX: (スポーツ医科学研究所事務室)
0463-50-2046

ページの先頭へ戻る